あゃぴが尊(たかし)

最大の内臓である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが蓄積した脂肪肝(steatosis hepatis)は、肝硬変や糖尿病といった様々な病の因子となる可能性が高いといわれています。
男性だけにある前立腺という臓器は成長や働きにアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが密接に関連していて、前立腺に発現した癌も同じく、雄性ホルモン(男性ホルモン)の機能によって肥大化します。
加齢に伴う耳の聞こえにくさにおいては時間をかけて聴力が低くなるものの、大体において還暦を過ぎないと聴力の減退をはっきりと認識できません。
強い痛みを伴うヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨と背骨の隙間にあるクッションと同様の役割を持っている椎間板(ツイカンバン)という柔らかい円形の組織がはみ出してしまった症例のことを表します。
筋緊張性頭痛というのは仕事や勉強などでの肩凝り、首凝り、張りに誘引される最も一般的な慢性頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような激しい頭痛」「ズドーンと重苦しいような鈍い痛さ」と表現されることが多いようです。
下腹部の疼痛を引き起こす代表的な病気には、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、女性特有の病気など、様々な病名が挙げられます。
基礎代謝というものは人間が横たわっていても使ってしまうエネルギー量のことであり、半分以上を身体中の筋肉・最も大きな臓器である肝臓・多量の糖質を必要とする脳が使っているというのが今や常識となっています。
お酒に含まれるアルコールやお薬、合成乳化剤を始めとした食品への添加物などを特殊な酵素によって分解し、無毒化する作用を解毒(げどく)と称しており、肝臓の担う大切な役割分担の一つであることは間違いありません。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も代表的な中耳炎で幼い子どもによくみられる病気です。耐え難い耳の痛みや熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)などのありとあらゆる症状が出現するのです。
日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、約1週間薬を飲めば、大抵、多くの患者さんの自覚症状は消えますが、イコール食道粘膜の炎症反応が癒えたとは断定できないのです。
アミノ酸のひとつグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を低減したり突然変異をもたらす悪影響を及ぼす物質を体の内側で解毒し、肝機能を促すような働きが明らかになっています。
人の耳の内部構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分類できますが、中耳の部分にばい菌やウィルスなどが感染することで発赤等の炎症が起きたり、液体が溜まる症状を中耳炎と言います。
不整脈である期外収縮は、健康でも発生することがあるためさほど深刻な病とは限らないのですが、発作が幾度も継続して発生するケースは危険だといえるでしょう。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂分泌の異常によって現れる湿疹で、皮脂の分泌が異常をきたす因子としてはステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンのバランスの乱れ、ビタミンBコンプレックスの欠乏等が大きいと言われています。
マンション売却 横須賀市
日光に当たると生成されるビタミンDは、Caが体内に吸収されるのを補助する特質で知られていて、血液の中のCa濃度を調節して、筋繊維の動きを適切に調節したり、骨を作り出したりします。